水戸で電気設備の工事が必要になったらどこに依頼する?トラブルの事例と業者の選び方

ご家庭やオフィスの電気が突然消えてしまったなど、電気のトラブルは少なくありません。不具合の内容によっては緊急性を要するので、すぐに電気屋さんに連絡できると安心ですよね。素人では判断がつきにくいですし、配線関連のトラブルは危険がともなうからです。

そこで今回は、水戸で電気関連の工事が必要になったさいの業者選びのポイントをご紹介したいと思います。また、前もって電気関連のトラブルの事例を知っておくと、いざというときに慌てることもなくなります。

水戸で電気設備工事が必要!?トラブルの事例と対処法とは?

水戸で電気設備の工事が必要になるようなトラブルの事例をみてみましょう。一般的なブレーカーの仕組みや身近なコンセント・スイッチの不具合は次のとおりです。

ブレーカーが落ちて電気が消えてしまった

いちどにたくさんの電気製品を使用すると、電気が消えてしまうことがありますよね。これは、使用できる電気の容量をこえてしまったときにおこります。「ブレーカーがおちる」というトラブルですね。

そのさいはまずブレーカーをチェックしましょう。建物全体の電気が消えているなら「アンペアブレーカー」、オフィスの一部や一部屋だけ消えているなら「安全ブレーカー」がOFFになっているはずです。それぞれ緊急性はなく、スイッチをONにすれば問題ありません。

たびたびブレーカーが落ちてしまうようなら、ひとつのスペースで使用する電力に偏らないようにしたり、契約アンペア数を増やしたりするとよいでしょう。

漏電ブレーカーが落ちていたら漏電の可能性も

ただし、もうひとつの「漏電ブレーカー」が落ちている場合には注意が必要です。漏電ブレーカーは、回線内の漏電を感知することで作動します。つまり、配線が途中で切れてしまっているなど、危険性が高いトラブルが発生しているということです。ショートしてしまえば火事になることもあります。

漏電の原因は、配線内のトラブルや漏電ブレーカーの故障、使用している電子機器自体の故障、雨漏りなどさまざまです。できるだけ早急に電気工事会社へ連絡しましょう。

コンセントやスイッチの不具合への対処法は?

コンセントやスイッチのトラブルも少なくありません。コンセントに差したりスイッチを押しても反応しない場合は、内部の配線トラブルのことが多いです。配線をともなう電気工事は、電気工事士といって国家資格を有する人しかおこなうことができません。

また、コンセントやスイッチは普段からよく触れる部分です。取り付けやカバーがゆるんできたら、新しいものに交換しておきましょう。

水戸で電気設備工事を依頼するさいの業者選び3つのポイント

では、水戸で電気設備の工事を依頼するさいに、どんなことに注意すればよいのでしょうか。電気工事は危険がともなうからこそ、業者の選び方がとても大切ですよ。

電気工事士の国家資格者が在籍しているか

配線をともなう電気工事は、電気工事士という資格がある人でないとできません。電気工事士には、第一種と第二種があり、それぞれ工事ができる範囲が異なります。

第一種電気工事士は、ビルや集合住宅などの使用される大型設備の配線工事や設計など、第二種電気工事士は、600V以下の低圧電気設備の工事に対応することができます。電気工事会社のHPでいちど資格保有者が在籍しているか確認しましょう。

依頼する工事内容に対応しているか

依頼する前に、必要な工事をリスト化してみましょう。電気工事会社にも得意とする工事やそうでない工事があるといわれています。工事の実績や電気工事士の資格内容をよく確認するとよいですよ。また、得意分野の電気工事費用は、ノウハウや技術がしっかりしているため、他社より安く設定されていることも多いようです。

定期的な点検やメンテナンスをしてくれるか

電気設備は安全確保のためにも、定期的なメンテナンスや点検が必要です。工事や修理をおこなってもらえるだけでなく、アフターフォローも充実しているか確認してみましょう。小さなトラブルへの対応や、新しい設備の導入などの相談など、長くお付き合いができる業者だと安心ですよ。

【参考:ユーキャン「電気工事士とは?試験内容や合格率などくわしく紹介」

水戸の電気設備工事はとなりの電気屋ヨコデンにお任せください

水戸で電気設備の工事をするなら、となりの電気屋ヨコデンにご相談ください。

一般家庭から法人さまにも対応

となりの電気屋ヨコデンでは、一般家庭のお客さまはもちろん、法人さまにも対応しております。ビルやオフィスなどの電気設備、通信に使用される弱電設備工事もお任せください。第一種・第二種電気工事士が、設計から導入工事・管理までおこないます。

水戸市に密着したサービスを提供

弊社は水戸の電気設備工事会社です。地域にねざして2022年20周年をむかえることになりました。電気設備のトラブルを気軽に相談できる、地域密着型のサービスに自信がございます。

再生可能エネルギー設備導入のご提案も

弊社は電気設備工事事業のほか、風水や太陽光、地熱、バイオマスを活用した発電設備の工事および設計もおこなっております。再生可能エネルギー設備の導入は、企業のSDGsの取り組みとしても注目されています。

まとめ

水戸で電気設備の工事をするさいは業者選びが重要です。漏電など危険をともなう工事も多いので、電気工事士が在籍しているか、依頼したい工事が得意かどうか、また、工事後のアフターフォローも充実しているかがポイントですよ。

また、電気設備関連のトラブルと対処法を知っておくと、落ち着いた対応ができます。分電盤のなかにあるアンペアブレーカーと安全ブレーカー、漏電ブレーカーの位置をいちど確認しておきましょう。普段よく使用するコンセントやスイッチも、定期的にメンテナンスしておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。