再生が可能なエネルギーの導入は必須!?今後の需要や企業へのメリット

昨今は環境問題が多く取り上げられ、世界的にはSDGsなどの取り組みも盛んになってきています。石油などの枯渇燃性エネルギーではなく、再生が可能なエネルギーが今後重要になってくると言われています。

企業でも再生可能エネルギーを取り入れるところが増えてきています。企業で取り入れるならどんなエネルギーが良いのか、再生が可能なエネルギーの種類と今後の予想を知っておきましょう。設備を建てるとしたらどんな準備やコストが必要なのかも知ると、必要なときにスムーズに対応できます。

再生が可能なエネルギーの種類5つ!今後有用なのはどれ?

再生可能エネルギーとは、温室効果ガスを排出せず国内で生産できるメリットがあります。再生が可能なエネルギーは5つあり、今後有用であると期待されているものもあります。

①太陽光発電

太陽光発電は、太陽電池を利用し、太陽の光エネルギーを直接電気に変換するものです。日本の導入容量は世界第3位で、再生が可能なエネルギーの中では今後も有用とされています。設置から運用までの期間が短く済む点も魅力です。

②風力発電

風力発電は風車が回転する運動エネルギーを電気エネルギーに変えるものです。風が強い場所では昼夜を問わず発電が可能ですが、風の強さや向きによっては安定した発電ができないデメリットもあります。

最近では陸上の風力発電だけでなく、海上に風車を建てる洋上風力発電も開発が進められています。

③地熱発電

地熱のエネルギーを利用して発電する方法です。日本は地熱資源に恵まれているため、設備があれば昼夜を問わず発電ができます。しかし、設備を建てるさいの調査や採掘などに時間やコストがかかります。

④水力発電

水力発電は水が高い位置から流れる位置エネルギーを利用して発電機を回して発電します。水資源が豊富な日本では、明治時代から取り入れられている方法です。最近では、大規模な設備ではなく、中小水力発電が主流です。農業用水などを利用した小水力発電で発電事業を創出した企業もあります。

⑤バイオマス発電

バイオマスとは再生可能な生物由来の有機資源(化石資源を除く)のことで、家畜の排泄物や食品廃棄物、廃棄紙などです。バイオマスを燃焼したり、ガス化して発電をする方法をバイオマス発電です。

再生が可能なエネルギーは今後需要が増える?企業のメリットとは

これまでと違う発電方法を取り入れるのはコストや時間がかかるデメリットを意識しがちです。しかし、再生が可能なエネルギーは今後需要が増える予想があり、企業側にもメリットがあります。

日本の再生エネルギーの現状

世界全体で見ると、2014〜2018年にかけて発電設備の容量は右肩上がりです。日本でも発電電力量の構成は水力発電を除く再生可能エネルギーが2011年度は2.6%だったのに対し、2018年度は9.2%と上昇しています。

日本は水力発電の次に、太陽光発電、バイオマス発電が盛んに取り入れられています。日本は再生可能エネルギーの導入が7年で約3倍と世界トップクラスの上昇率です。

2050カーボンニュートラル宣言

カーボンニュートラルとは、大気中に排出される温室効果ガス(二酸化炭素など)から植物などによる吸収量を差し引いた温室効果ガスが実質ゼロである状態を指します。日本では2020年に菅元総理が2050年までにカーボンニュートラルを目指すと所信表明したことで話題になりました。

日本も含めて世界では144以上の国と地域が2050年までにカーボンニュートラルを目指すと表明しています。2050カーボンニュートラル関連での投資も加速し、新しいビジネスも生まれています。

企業が再生可能エネルギーを取り入れると、企業の印象も良くなりますし、再生可能エネルギー関連のビジネスに着手すると新たな利益を生み出すことにもつながります。

再生エネルギーは今後市場が拡大する予想

再生が可能なエネルギーは、今後発電コストが下がっていくと予想されています。特に太陽光発電と風力発電は2030年までに徐々に発電コストが下がっていくでしょう。

再生可能エネルギーは日本だけでなく世界でも注目が高い分野なので都市開発時のインフラの1つの要素として導入が検討されています。今後も市場が拡大される予想なので、新しい事業として取り入れるのも良いかもしれません。

【参考:資源エネルギー庁「国内外の再生可能エネルギーの現状と 今年度の調達価格等算定委員会の論点案」

再生が可能なエネルギーの設備を立てる方法は?気になるコストも

再生が可能なエネルギーは今後、需要が増える見通しで企業にとってもメリットがあります。設備の申請方法とコストは知っておいて損はないでしょう。

再生可能エネルギーを建てるには申請が必要

再生可能エネルギーの設備を建てるさいは、電力会社への設備の手続きと国への手続き、電気事業保安規則の手続きが必要です。電力会社とは接続の検討後、接続契約を結びます。国とは立地と設備について検討後、事業計画書を経産省へ提出します。

再生可能エネルギー設備にかかるコスト

再生が可能なエネルギーが今後有用だとは言っても、企業にとってコスト面は重要です。再生可能エネルギーのコストはkWごとにいくらかかるかを算出しています。現在の再生可能エネルギーごとのコストは以下の通りです。

種類 建設コスト(万円/Kw) 発電コスト(円/kW)
風力発電 12.2 4.6
バイオマス発電 135 32
小水力発電 160 12
地熱発電 49 11.5

再生可能エネルギーの設備は弊社にお任せを!

弊社は電化設備の工事はもちろんのこと、再生可能エネルギー事業部を設けています。風力、水力、太陽光、バイオマス、地下発電設備工事を行っております。自社の発電方法に再生可能エネルギーを活用したい企業様や再生が可能なエネルギーを今後ビジネスに取り入れたい企業様は是非ご相談くださいませ。

【参考:環境省「再生可能エネルギー普及に要する費用と普及がもたらす 具体的な効果」

まとめ

再生可能エネルギーとは自然のエネルギーを活用するもので、二酸化炭素の排出がない発電方法です。太陽光、水力、地熱、バイオマス、風力発電が再生可能エネルギーに当たります。再生が可能なエネルギーは今後さらに世界中で注目され、市場が拡大すると予想されています。

再生可能エネルギーの設備を建てるには、電力会社や国への手続きが必須です。再生が可能なエネルギーのコストは今後下がっていくと考えられています。弊社は電気工事関連を幅広く扱っておりますので、再生可能エネルギー設備を建設したい企業様はお気軽にご相談くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。