「電気屋」はどんな工事ができる?土浦で施工可能な工事内容を解説

皆さんは「電気屋」と聞くと、どんなイメージを抱きますか?店舗用の電化製品を売っているお店や、家電を売っているお店を思い浮かべるかもしれません。

でも実は、電気屋とは家電などを売っているお店のことではありません。電気設備に関する工事を行うことができる店・会社のことです。

では、電気屋はどんな工事ができるのでしょうか?この記事では、電気屋である弊社が土浦市でできる工事の施工内容について解説します。ぜひご自分の会社周り・店舗周りの電気工事をお考えの際の参考にしてください。

そもそも「電気屋」とは?土浦の電機屋・電器屋との違い

ではまず、電気屋とは何ができるお店なのかを紹介します。「となりの電気屋ヨコデン」は土浦市でも施工できるので、工事をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

電気屋」の定義

電気屋という名称は、実は厳密な定義があるわけではありません。あくまで名乗った人の事業内容に則ります。

ただし、一般的なイメージとして電気屋は「電気工事を行うお店・会社」のことです。実際、電気屋を屋号に掲げる店舗・会社は家電などを取り扱っていないことが多いです。

基本的に電気関連の工事を担当

店舗や事務所、社屋の電気設備には専門の資格が必要です。一般住宅には「第二種電気工事士」が、マンションやビルなどの大型の建物には「第一種電気工事士」か「認定電気工事従事者」の資格が必要です。

また、電気設備の工事や保守には「第三種電気主任技術者」の資格を持つ人が監督につかなければいけません。

このような電気関連の工事が可能な資格を所持した人が在籍し、電気工事を請け負う会社・店舗が「電気屋」と呼ばれています。

電機屋、電器屋とは

では、「電器屋」と「電機屋」は何が違うのでしょうか?

まず「電器屋」ですが、電器とは家電製品や照明などのことを表します。ほとんどの一般家庭が利用する家電が売っているお店で、家電量販店などもこれに当てはまります。

対する「電機屋」は使われている例が多くありません。ですが、専門的な機械を販売している店舗のことを指す場合が多いです。家電や照明がほしい場合は「電器屋」が正しいということですね。

【参考:全日本電気工事事業組合連合会「資格を知る」

電気屋が解決できるお悩みとは?土浦でできる施工内容

弊社「となりの電気屋ヨコデン」が土浦市で対応できる電気工事について紹介します。ほとんどが専門的な資格を要する、一般的には対応できない工事です。

内線・外線電気設備工事

内線・外線電気設備工事と聞くとあまり耳馴染みのない言葉かもしれません。簡単に言うと内線は建物内、外線は建物から変電所までの工事を指します。

内線電気設備工事は、建物内で電気が使えるようにする工事が多いです。コンセントや照明なども担当し、どのスイッチをどこにどれくらい置くのか?まで考えるのも仕事です。

外線電気設備工事は、電柱や電線の工事だけでなく、電柱を建てるのにも対応しています。

電気設備設計

電気設備設計は、先程の内線・外線電気設備工事よりも前に必要な仕事です。

建物を建てる時には、まず建築士がどんな建物を建てるか考えるのが一般的なイメージでしょう。電気設備設計はその際に必要な仕事です。

建てる建物の中で、配線をどうするか、電力負荷はどれくらいかかるのかを設計します。これがしっかりされていないとすぐブレーカーが落ちたり、コストが余分にかかってしまうため、とても重要な仕事です。

配電線工事なども可能

この他にも、電柱から伸びる配電線工事も担当します。修理や建て替えも対応しています。

また、Wi-fiなどの情報を扱う電気設備「弱電設備」に関する工事や、大きな建物の受変電設備に関する工事も可能です。

まだまだあります!電気屋ヨコデンが土浦で解決できるお悩み

「となりの電気屋ヨコデン」では、他にも環境関連の工事も土浦市で対応可能です。

設備工事

弊社で担当できるのは、電気設備に関する設備工事だけではありません。建物の空気や湿度の流れを適切なものにする「空気調和設備工事」もそのひとつです。

上下水道の水を汲み上げ、適切な場所に流す設備工事「排泄水衛生設備工事」や洗面所・便器などの衛生設備に関する「環境衛生設備工事」も承ります。

建物の設備に関することであれば、様々な分野に寄り添ったご相談を承っています。

太陽光事業

社屋に太陽光発電設備を置きたい、という会社や工場も増えてきました。こういったニーズにも弊社では積極的にお応えしています。

一言に太陽光発電といっても、環境によって必要な設備が違います。弊社では、設置する環境に対応した太陽光発電設備工事が可能です。

また、太陽光だけでなく風水発電、地下発電や次世代エネルギーに関しても積極的に展開しています。土浦市で自社発電についてお考えの際は、ぜひご相談ください。

第一種電気工事士などの国家資格者多数

もちろん、保有資格・免許取得者は多数在籍しています。

電気工事士に関しては第2種、第1種共に保有しているので、電気設備に関しては安心してご相談いただけます。また、給水装置主任技術者・排水設備主任技術者、その他設備工事に必要な国家資格保有者も多数在籍しています。

茨城県の各種必要認可も受けており、豊富な知識と経験で御社のご希望に寄り添った対応が可能です。

まとめ

電気屋は、電気設備工事を担当するのが主な仕事です。電器屋・電機屋とは取り扱うものが違うことがわかりました。

しかし、我々「となりの電気屋ヨコデン」は、電気屋を掲げてはいますが、様々な分野で土浦市の建物の設備工事に対応しています。

「電気屋」という名前のイメージだけでなく、建物に関するあらゆる設備の悩みに対応可能です。もちろん、再生可能エネルギーをはじめとした次世代エネルギー設備に関してもお手伝いします。

もし土浦市で建物の設備に関してお悩みなら「となりの電気屋ヨコデン」にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。